ハイスピードで名刺を作る際の納期

スピード重視で名刺を印刷する際の納期や注意点ですが、最近では直接店舗などに出向かなくても、インターネット上でデータ入稿をして即日納品といったようなサービスも増えてきています。このサービスを利用すると、例えば本日の15時までに支払いまで完了すれば、翌日の午後には手元に届くといった行動も可能なのです。しかしそのためには締め切り時間を厳守する必要があります。締め切り時間を過ぎてからの支払いや連絡になってしまうと、翌日の納品ではなく翌々日などになってしまう場合がありますので注意しましょう。その際におすすめの印刷方法はオンデマンド印刷になります。この印刷方法は小部数に向いており、また早さも他の印刷方法よりもかなり早いことが期待することが出来ます。

スピード重視ならオンデマンドを利用する

名刺を作成する際にスピード重視であればオンデマンド印刷を利用できる業者を選択する必要があります。オンデマンド印刷とは、必要や要求に応じて必要な部数を提供する印刷のことを意味します。名刺の原稿データを直接読み込んで、複写や製本などを一貫で処理することが出来るので、小部数や多品種にも適している印刷方法になります。オンデマンド印刷は、納期は早いのですが、細かい色合いやデザインを表現するには向きません。インクとトナーの違いのためです。オンデマンド印刷はトナー印刷のため、表面が粗い用紙を使用すると細かい色調が表現できないのです。少しの摩擦や折れ曲がりなどでも色素が上手く乗らないことがあります。ですが通常の2色~3色刷りの印刷物であれば特に問題なく利用することが可能です。

翌日納品を目指すためには朝一から動こう

作業開始から翌日の納品を目指すのであれば、当日配送を指定する必要があります。当日配送受け付けには時間指定があるのでその時間を守るように入稿します。作成の際はデータのチェック、印刷、入金の確認、発送などそれぞれの工程で確認する必要があります。発注した際に登録したメールにメールが来るので、こまめに確認をして工程をすすめるようにしましょう。即日配送してもらうためには支払いの受付時間も指定されています。指定時間を過ぎて入金してしまうと後日の配送になってしまいます。銀行の口座に振込みをする場合には15時までに振込みをしないと、翌日処理になってしまう場合があります。支払いをする際には必ず支払額が決定してから支払うようにしないと、二度手間になってしまうので気をつけましょう。